オリゴ糖が便秘の改善に役に立つって本当なの?

なぜ便秘の改善にオリゴ糖が効果的なのかご説明いたします

便秘と腸内環境

17年11月06日

未分類

便秘と腸内環境 はコメントを受け付けていません。


酷くなると病院での処置が必要になる場合もある便秘ですが、なぜ便秘になってしまうのでしょう。オリゴ糖は便秘解消のどこに関わってくるのでしょう。便秘薬や病院に頼らず、自分で便秘を改善したい人は少なくありません。

腸内環境食べ物は胃や小腸で消化され栄養を吸収した後に、大腸の蠕動運動により水分などを吸収して便として排出されます。腸にはおよそ数百種600兆個以上の腸内細菌が存在していて、3つに分けられます。体にいい影響を与え腸内のバランスを保つ善玉菌と、悪い影響を与え腸内のバランスを崩す悪玉菌どちらにも属さず優勢な方の味方になる日和見菌です。このバランスを腸内環境と呼びます。悪玉菌が善玉菌より増えると腸内環境が乱れてしまい、その結果、便秘や下痢といった症状が起きます。腸内環境を整えるためには善玉菌を優勢にしておくことが大切です。

善玉菌として有名なのが主に大腸にいるビフィズス菌です。ビフィズス菌はオリゴ糖や乳糖を分解して酢酸や乳酸をつくり、悪玉菌の増殖を抑制します。その結果、善玉菌が優勢となり腸内環境が整い、便秘改善に繋がります。便秘の改善のためには腸内環境を整えておくことが大切です。そのためにはビフィズス菌などの善玉菌の働きを活発にする必要があります。