オリゴ糖が便秘の改善に役に立つって本当なの?

なぜ便秘の改善にオリゴ糖が効果的なのかご説明いたします

便秘とオリゴ糖

17年11月02日

未分類

便秘とオリゴ糖 はコメントを受け付けていません。


日本消化器病学会によると便秘とは「排便の回数が減ること」とされています。女性や高齢者に多くみられ、便秘によって肌荒れや食欲不振、吐き気やお腹が張るといったさまざまな症状が生じることもあります。便秘の解消方法の一つとしてオリゴ糖が効くという話をよく聞きますが、なぜオリゴ糖なのでしょう。

オリゴ糖オリゴ糖が便秘改善に効果的と言われる理由は、腸内の善玉菌を増やすビフィズス菌に関係があります。食べ物は最終的に大腸で便に変えられるので、便秘の改善のためには大腸の腸内環境を整えることが重要になるのです。腸内環境はストレスや生活習慣、加齢などさまざまな原因によって乱れます。腸内環境を整えるためには悪玉菌より善玉菌を優勢にする必要があります。善玉菌にはビフィズス菌や乳酸菌などがあり、オリゴ糖はビフィズス菌のエネルギーとなることで、悪玉菌を抑え、腸の運動を活発にするなどといった腸内環境に良い影響をあたえます。オリゴ糖は腸内に存在する善玉菌などプロバイオティクスの活性化を助ける物質であるプレバイオティクスの一種です。

オリゴ糖は糖が2個以上の糖が結合してできており、明確な定義はありませんが3~10個程度結合した糖をオリゴ糖、もしくは少類糖と呼んでいます。食べ物に含まれており、人間の腸内の消化酵素ではほとんど分解できずにそのまま大腸まで届くという特徴があります。

このサイトでは、オリゴ糖が腸内環境にどう影響しているのか、なぜ便秘の改善にオリゴ糖が効果的なのか説明します。